ラン活ブログ|今はランドセルの色を選ぶことができます

私ら40代の親からしてみると

ランドセルといえば

男の子が黒、女の子は赤と2色のみであった。

学校側からもランドセルのメーカーを指定して

入学説明会に親に連れられて学校に行き

会場でランドセルを購入させられていたものです。

今はいろんなカラーのランドセルがリリースされていますね。

黒、赤の他にもピンクや水色、紫色などのパステルカラーも多数。

同じデザインでカラーの種類を選べるようにする最近のスタイルは

ユニクロなどのトップアパレル企業戦略に影響を受けているのかなという感じがします。

事実ユニクロで販売されている子供服と

パステルカラーのランドセルの組み合わせはマッチング良く、

特に女子小学生はおしゃれに使いこなすアイテムにもなります。

あと最近のスピリチュアル思想の影響もあるのかなと。

ラッキーカラー等、「この色を身につけるといいことがあるよ」みたいな。

あなたの色診断なんてサイトもあり「あなたの色はこの色です」と調べることもできます。

たとえ6年間使わないまでも、やはり親としても子供に良い学校生活を送ってもらいたいと思うもの。

それならラッキーカラーに近いランドセルを持たせてあげたいですよね。

値段もインターネットなどで検索して、より安く購入することもできるようになりました。

オークションなどで激安で入手することもできるようです。

記憶の中にあるランドセルの思い出

最近は、入学式の半年前の時期からもうお店にランドセルが並んでいるのを見かける。今のランドセルは色がカラフルになったどころか、模様がついていたりオーダーメイドなんていうのもあったりして、今の子ども達は選び放題で羨ましいなぁと思う。 それに、色が違うっていうのが当たり前になってるから自分の個性が光る。 そういえば、小学校に入る前にランドセルを買ってもらうために、ウキウキしながらお店に見に行った思い出がある。 あの頃はまだ色が今みたいに多くなかったから色で迷うことはなかったけど、子供のくせに質感で選んだものが高めなお値段で少し親を困らせてしまったかも。 小学校に入学してから、大事に大事に、ランドセルに傷を付けないように丁寧に扱ってた。私が使っていたランドセルは当時にしては珍しいA4サイズが入るもので、体に対して大きすぎたような気がする。背負って歩くのも走るのも、大変だったなぁ。 でもその後、産まれてきた妹に今使っているランドセルを引き渡すことが決まって、結局3年しか使えなかった。 大事に綺麗に使ったランドセルは、なぜか妹が入学してから1年でボロボロにされてしまって、6年目にはもう…。 自分の小さな頃の思い出にある面影が残されないまま、今もどこかに仕舞われていることだろう。

あきのこないランドセルが1番です

娘が小学校に入学するための準備をしていた頃の話です。 初めての初孫が小学校へ上がると言うことで両おじいちゃんおばあちゃんともいろいろとカタログを持ち出して来ては娘に選ばせてあげようと大騒ぎでした その中で結局まとまった話は、まず大人ではなく子供が1番欲しいランドセルを買ってあげようと言う話になり、娘にどんなランドセルが欲しいのか聞いたところ「赤いランドセル」との答えが返ってきました 親としてはきれいな色やキャラクター物のランドセルが流行っているのでそちらのほうがいいのかなとも思っていましたが彼女を実際にデパートに連れて行き 選ばせたところおしゃれな装飾などはなく何の変哲もない普通の赤いランドセルを彼女は選びました ただ、1つだけこちらの意見を通したところは《素材の良さ》です 今の小学校は6年間まるまるランドセルを背負って投稿するという事はないと思いますが電車での通学などでぺちゃんこにならないような、そしてその形が維持できるもの革の素材が丈夫で日々が割れたりしないこと、 そして小さな体で毎日背負っていてなるべく楽なもの (軽量さ)そしてみんなの意見がまとまったのがコードバン素材の普通の赤いランドセルでした 少々お値段は張ってしまいますが、軽さにも形にも大満足しました。

因みに、わが家の娘はフィットちゃんランドセルのロイヤルシリーズにしました。

フィットちゃんランドセル最新の口コミは下記を参考にしました。
フィットちゃんランドセル男の子女の子口コミ|ランドセル人気ブランド比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です