6月から、「激安酒店」が消えるかもしれません。

 6月から、「激安酒店」が消えるかもしれません。法律で、酒を不当に安く売ってはいけないことになったからです。 この法律は、昨年5月に改定された酒税法と酒類業組合法。酒類の公正取引基準が新たに設けられ、安売りが監視されることになりました。

気軽に買えるからアル中も増えるわ飲酒運転なくならないわ15年以上続いてる倒産セールを規制してほしい。 役人は税金でどの業種のどの商品をつぶすかの生存権を握っている、生かすも殺すもお役所次第。
激安店に価格で対抗出来ないような”弱小酒屋” が得するだけか……。赤日さんみたいに表は左翼で 裏は勧誘団使って…ってことが酒店にはないからねぇ規制緩和が行き過ぎた、よくわからんけどいろいろと生活しにくい日本になっていきますね…
朝日はいったい誰の味方なんだ?大資本との対決を標榜するかと思えば、こうして中小店舗をつぶしてきた政策の撤回を批判したり。まあ平気でうそをついてばれても開き直るんですからさもありなんではありますが。